実例を紹介!圧倒的に電気代を節約する方法とは?-東京都内で太陽光や蓄電池を相談するならY2エナジーグループ - 東京都内で太陽光や蓄電池を相談するならY2エナジーグループ【誠実/お客様満足度の高い施工】
LOADING

コンテンツ CONTENTS

以前に比べると電気代の請求額が高くなり、何が原因か疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。電気代を圧倒的に節約するために、電気代の仕組みや高騰の理由を中心に、太陽光発電の導入を選択肢としてその実例をご紹介します!

はじめに

以前に比べると電気代の請求額が高くなり、何が原因か疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。電気代の値上がりで、家計の負担を感じているケースも多いはずです。

今回は電気代を一気に節約する方法とその実例を紹介させていただきます。


【こんなお悩みの方向け】
 ・電気代って普通どのくらいなのか分からない…
 ・電気代が高い理由を知りたい!
 ・電気代をできるだけ節約する方法と実際の効果を知りたい!

【この記事で分かること】
 ・電気代の目安
 ・電気代が高くなっている原因
 ・電気代の節約方法と実例

電気代ってどこから高い?電気代の目安

電気代なんとなく高くなっている気はするけれど、物価高で他のものも値上げしているから仕方ないのかもと諦めていませんか?

一度ご家庭の電気代を平均的な金額と比較してみましょう。

総務省統計局「2022年(令和4年)家計調査」によると、世帯人員別の月あたりの電気代の平均額は次のとおりです。

1人世帯: 6,808円
2人世帯: 11,307円
3人世帯: 13,157円
4人世帯: 13,948円
5人世帯: 15,474円
6人以上: 17,869円

ちなみに、全体の平均額としては、10,559円でした。

皆さんのご家庭の電気代は平均と比較していかがでしたか?

平均額を大きく上回っているという場合は、電気代の見直しを積極的に検討していく必要があると思われます。

なぜこんなに電気代が高くなるのか、それは電気の使用量はもちろんのこと、電気代の仕組みにも理由があります。次の章で詳しく解説していきます。

電気代が高い理由とは?電気代の仕組みを解説!

電気代が高い理由①:電気使用量が多い

電気代が高い理由として、まずは個人の電気使用量が多いことが挙げられます。

ただ、できるだけこまめに電気を消すようにしていても、仕事や学校から家族が帰ってくるころには既に日が落ちていて、電気をつけないという訳にもいかないでしょう。

個人個人ができるだけ節電をしても、そこには限界があります。

電気代が高い理由②:燃料価格の高騰

実は、電気代が高くなる理由には、国内外の社会問題に起因することが多くあります。

燃料価格高騰の背景には、ロシアのウクライナ侵攻を受け、欧米諸国を中心にロシアへの経済制裁が実施されたことがあげられます。

経済制裁にはロシア産資源の禁輸措置も含まれているため、エネルギー資源の多くをロシアからの輸入に頼っていた欧州をはじめ世界各国に影響が及び、燃料価格の高騰を招くこととなりました。

また、日本では、円安の影響も高騰の一因と位置付けられます。外貨に対して円の価値が下がっているため、海外から燃料を購入する際の価格が値上がりしています。

世界的な燃料価格の高騰に加え、円安が進行したことが大きな要因となり、以前に比べると電気をつくるためのコストが上がり、燃料費調整額としても値上げが実施されていることが指摘できます。

電気代が高い理由③ 脱炭素化社会の推進

また、二酸化炭素排出量ゼロの脱炭素化社会の実現に向けて、世界的に石油や石炭から二酸化炭素排出量が少ない液化天然ガスへの切り替えが進められています。

液化天然ガスの需要拡大による価格の上昇も電気代が高くなった原因の1つであると考えられます。

電気代が高い理由④ 再エネ賦課金の値上げ

2022年度にかけては、再生可能エネルギー発電促進賦課金(以下:再エネ賦課金)の値上げも電気代が高くなっている原因のひとつです。

再エネ賦課金は毎月の電気料金として組み込まれているため、再エネ賦課金の値上げが電気代の値上げにつながりました。

ただし、再エネ賦課金は、2012年度の導入以降毎年値上げされていましたが、2023年度にはじめて値下げされています。

電気代の仕組み

ここで、電気代の仕組みを確認しておきましょう。

毎月請求される1ヶ月の電気代は4つの料金で構成され、以下の式で計算します。

●1ヶ月の電気代(円)=基本料金または最低料金(円)+電力量料金(円)±燃料費調整額(円)+再生可能エネルギー発電促進賦課金(円)

基本料金や最低料金は、契約上必ず支払う必要のある料金です。

料金制度は、大きくわけて「基本料金制」と「最低料金制」の2種類があります。

●基本料金制:契約メニューに応じて基本料金が決まる
●最低料金制:一定の電力量料金を含む最低料金が決められ、使った電力量に応じた料金が上乗せされる

「電力量料金」は使った電力量に応じて生じる料金で、一般的には1kWhに対して料金単価が設定されています。

「燃料費調整額」は、火力発電に用いる燃料の価格変動を電気料金に反映させたものです。LNG(液化天然ガス)などの仕入れにかかる費用を反映して毎月変動します。

そのほか、「再生可能エネルギー発電促進賦課金」も電気代に含まれます。こちらは、再生可能エネルギーの固定価格買取制度による電力の買い取りに要した費用を、利用者全員で負担するものです。

電気代を圧倒的に節約する方法と実例

電気代の節約のためには、電気の使い方を見なおす・省エネ家電に買い替えるといった電気の使用量を抑えることが肝要です。

しかしながら、もっと圧倒的に電気代を節約する方法があります。それが、太陽光発電システムです。

先ほどご紹介した電気代高騰の一因ともなっている電気代の仕組みに、「再生可能エネルギー発電促進賦課金」を挙げました。

この賦課金は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度による電力の買い取りに要した費用を指します。

つまり逆説的に、太陽光発電をご自宅に設置し、発電した電気を電力会社に売ることで、支出ではなく収入として考えられることになります。

今まで頭を悩ませていた支出を収入としてもらえる立場になればプラスが見込めます!

ただ、実際にどのくらいちゃんと発電するのか分からなければ不安があると思いますので、実際に太陽光発電を導入したお客様の実例をご紹介します。

太陽光発電の実例

こちらは、実際に弊社で太陽光発電システムを導入していただいたお客様の発電量です。

左が今年のシュミレーション結果、右が今年の1〜3月の実際の発電量です。

シュミレーションと実際の数値を比較してみても、ほとんど差がないのがお分かりいただけるかと思います。

見ていただきたいポイントとしては1月2月の冬場の発電量の高さです。

こちらのご自宅では、昨年9月末に設備を設置して1日の発電平均が14〜18kwと非常に発電効率がよく、冬場でも安定的な発電ができています。

こちらのご自宅では、太陽光発電を設置する以前、高い時で4万円〜5万円かかっていた電気代が3分の1程度に削減されました。

年間では約25万の電気代削減 × メーカー保証25年=625万円の発電効果

設置当時、こちらのお客様の場合、太陽光発電の補助金が約220万円適用されたため、太陽光発電の手出しは、約150万円でした。

150万円で、最低でも625万円の発電効果を得られると考えると費用対効果がかなり高く、完全にプラスの投資案件としてお考えいただけるかと思います。

まとめ

今回のコラムでは、電気代を圧倒的に節約するために、電気代の仕組みや高騰の理由を中心に、太陽光発電の導入を選択肢としてその実例をご紹介させていただきました。

少しでも電気代を節約したい・太陽光発電システムや省エネ設備に興味があるという方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

また実例をみて、補助金を活用した導入にご興味のある方は、補助金が、予算の都合上早い者勝ちになっていますので、ぜひお早めの検討・シュミレーションをおすすめします。

最後に、本稿がお客様にとって最適なライフプランを見つけるヒントになれば幸いです。

ご相談対応エリア

【東京都】
渋谷区・新宿区・世田谷区・豊島区・千代田区・港区・品川区・目黒区・大田区・中野区・杉並区・練馬区・板橋区・豊島区・北区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・・・

多摩地区・八王子市・立川市・武蔵野市・三鷹市・青梅市・府中市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・小平市・日野市・東村山市・国分寺市・国立市・福生市・狛江市・東大和市・清瀬市・東久留米市・武蔵村山市・多摩市・稲城市・羽村市・あきる野市・西東京市・・・

【その他のエリア】
埼玉県・千葉県・茨城県・・・
※全国に対応しております。まずはお問い合わせくださいませ。